HOME>ホットトピックス>裁判所の手続きが必要なく行える債務整理を選ぶなら

債権者と交渉して減額を目指す

男女

借金は順調に減らしていけることが理想的ですが、何らかの理由で返済が滞っている人もいます。返済が遅れるとそれだけ多くの利息も発生しますし、遅延損害金というペナルティもあります。順調な返済が厳しいと判断したら、債務整理での解決も考えていきましょう。債務整理は裁判所での手続きが必要なものもありますので、個人では難しいと感じるかもしれません。債務整理の中でも任意整理は裁判所の手続きが必要なく、直接債権者と交渉して借金の減額を目指すことができます。

将来の利息をカット

弁護士バッジ

個人再生や自己破産ではすべての借金を整理することになりますが、任意整理は整理したい借金を選べるのも特徴的です。基本的には将来の利息をカットして、より楽な返済を目指していきます。このほかにも一括返済をするかわりに借金を減額してもらう交渉をすることもあります。減額できる借金は個人再生や自己破産ほどは大きくありません。そして、裁判所は通さなくても債務整理には違いありますので、今後しばらくは新たに借り入れをすることが難しいことは理解しておきましょう。任意整理は、個人で行うこともできますが債権者が交渉に応じてくれるとは限りません。個人での対応が難しいと判断した場合は司法書士や弁護士への相談も考えてみましょう。

広告募集中