HOME>注目記事>債務整理で生活を立て直すことを考えたときに

債務整理にかかる費用について

ジャッジガベル

債務整理のうち、比較的簡易で容易な方法が任意整理です。任意整理にかかる費用相場は、弁護士事務所に支払う費用として、1債権者につき約3万円程度の契約金と、減額報酬の10%程度が現在の相場でしょう。債務整理にはほかに個人再生や自己破産などがありますが、こちらは裁判手続きが必要となるためかかる費用も桁違いになります。任意整理の場合は裁判所を介さず、弁護士が債権者と交渉をおこなうだけなので、ほかの手段に比べて非常に安価に手続ができるのが大きなメリットです。費用の内訳は、着手金がある場合は2~5万円、報酬金が同じく2~5万円程度で、減額報酬がある場合は10%が相場です。着手金を0円とするところもありますし、設定は事務所ごとにマチマチですが、これらは債権者1件につきこの金額となりますので注意しましょう。たくさんの債権者がいる場合はそれだけ費用が加算されます。

手元にお金がない場合はどうするか

相談

任意整理をしなければならないほどお金に苦しんでいるのに、弁護士費用など支払えるはずがないと考える人も少なくありません。ただ、依頼時にお金がない場合、多くの事務所では分割払いに対応することで配慮しています。事務所によって対応が異なりますが、多くの場合、6~12回程度に分割して支払うことを可能としています。任意整理では確かに借金は減額できるかもしれないけれど、返済に加えて弁護士費用まで支払うなんて可能だろうかと不安になるかもしれません。でも取り立てがストップし、生活を立て直す時間ができることで少しずつでも精神に余裕が生まれると、少しずつでも返済が可能となり未来が見えて来ます。収入や財産が一定以下の場合は、法テラスを利用することで費用を立替えてもらい、支払い額も安くなるケースもあります。場合によっては無料相談を利用してみるとよいでしょう。

広告募集中