大きく分けて2種類のものがある

男性弁護士

名古屋で任意整理をするとすればどのようなことがきっかけになっているでしょうか。その種類を見ていくと、一つは単に借金の返済できなかった場合です。よくある例としては、消費者金融などからお金を借りた場合です。消費者金融といえども、法律に基づいて金利を定めていますので、法外な金利を請求してくるところはまずありません。そのため通常審査に通れば返済することは可能になるはずですが、中には予期せぬ出来事が起き返済できないことも考えられます。このようなときには、任意整理をすることになるでしょう。もう一つ任意整理をするパターンがあるとすれば、過払い金請求をした場合です。借金を返済し終わっていないにもかかわらず過払い金請求をした場合は、任意整理に該当します。

なぜ過払い金請求が含まれるのか

男性弁護士

名古屋でする過払い金請求が任意整理になる理由の一つは、借金が返済されていないからです。借金がまだ返済されていないにもかかわらず過払い金請求をするとそこで返済をする意思はないと判断されることがあります。それゆえ完全に返済する場合と異なり、任意整理の対象になると考えてよいでしょう。もし任意整理をしたくなければ完全に返済をした後に過払い金を請求することが必要です。これにより堂々と過払い金を請求することが可能になります。

どのような基準で選ぶのか

電卓

名古屋で任意整理をする場合には、自分で行うことは難しいです。この場合たいていは、法律事務所に依頼しなければいけません。法律事務所を選ぶ場合にも様々な基準がありますが、絶対に外すことが出来ないのは過去にどれだけ債務整理をしているかです。債務整理を十分に経験している弁護士たちならば安心して任せることができるでしょう。ホームページなどを見れば、どれだけ専門的に債務整理を行っているか判断することができるためまずはホームページを確認しておきましょう。

直接会って話しをしてみる

相談

名古屋の法律事務所に任意整理をするために訪れる場合には、様々な情報を手に入れることができます。実際にホームページで確認する場合と弁護士本人に会う場合では印象が全く異なることがあるでしょう。ホームページではさわやかな笑顔の写真が掲載されていたのに、実際会って話しをしてみると少し怒り気味に話しをするような人もいます。また不愛想な人もおり、それだけで印象が悪くなることもあるでしょう。もしそのような人がいた場合は無理して依頼するのではなく、依頼を断っても問題ありません。少なくとも、相談するだけならば契約の内容に含まれていないため、断っても何ら問題はないわけです。

広告募集中